歯みがきはワンタフトブラシも使うと楽になる

tips

ブラシの山が1つだけのワンタフトブラシは、最近はどのドラッグストアでも買えるようになりました。

ワンタフトブラシは磨ける面積は小さいのですが、その分、みがき残しが少なく、歯と歯の間だけでなく、歯面もしっかりとみがくことができます。

この記事はワンタフトブラシの使いかたをご紹介します。

ワンタフトブラシとは

 

ワンタフトブラシは、歯ブラシの毛先が1つにまとまったものです。

ブラシの部分が小さいので、奥歯の裏側や歯並びの悪い部分にも入り込める歯ブラシです。

以前は大きめのドラッグストアでも見つからなかったのですが、最近は販売しているドラッグストアが増えました。歯ブラシ売り場の隅を探すと見つかることが多いです。

手に入りやすいワンタフトブラシ

普通に販売されているワンタフトブラシは3種類あります。

①クリニカ アドバンテージ デンタルタフト

 

②エビス ポイントブラシ

③システマデンタルタフト 歯周ポケット集中ケア

 

クリニカとエビスはブラシの先が尖った形、システマは毛先の1本1本の先が細くなった形状です。

 

クリニカと***は歯間を磨きやすいのですが、先の細い部分しか当たらないので歯面は磨きにくい。

システマは歯面が磨きやすい感じです。ブラシがやわらかめなのも特徴です。

ワンタフトブラシの使い方

奥歯の周辺・歯ぐきの境目をみがく

 

奥歯はみがき残しが多い部分です。

奥歯の前面の置くは歯ブラシを入れにくい部分です。私は自分では磨けているつもりだったのに歯科衛生士に指摘されてはじめて知りました。

ワンタフトブラシでていねいに磨くと、舌で触ってツルツルなのがわかりますよ。

前歯の裏側

 

前歯の裏側は磨きにくい場所です。

歯ブラシを横に動かすとみがきにくいので、私は縦向きにしてみがいていました。

前歯の裏側ほかの歯に比べて小さく、スプーンのようにくぼんでいるので、みがき残しができます。

歯科衛生士に、、前歯の裏側に歯石がたまっていると言われ続けていました。

ワンタフトブラシで、歯面に合わせてみがくことで前歯の裏側のみがき残しが少なくなりました。

歯並びの悪いところ

 

歯並びが悪く斜めになっていたり、他の歯よりも引っ込んでいる部分をワンタフトブラシで細かく磨きます。

デンタルフロスでも良さそうですが、歯と歯の間だけしか使えません。

ワンタフトブラシでは、斜めの表面もみがくようにしています。

歯のつけ根

 

年齢とともに歯ぐきは下がってきます。

私の奥歯の根本に虫歯ができ、歯ぐきをレーザーで切り取り治療してあります。

その分、歯ぐきがちょっとくぼんだ形になり、普通の歯ブラシでは磨き残しなくみがくのは大変です。

ワンタフトブラシなら、凹んだ歯の根元を沿うようにブラッシングできます。

歯と歯の間

両側の歯の間に沿ってワンタフトブラシを上下させます。

その後デンタルフロスを使うと、歯の周り全体をきれいにできます。

歯がツルツルに磨けると自信が持てる

以前は、歯みがきが終わっても、舌で触るとザラザラの部分がありました。

ザラザラの部分は虫歯のリスクが高まります。

1つの歯ブラシより、使い分けたほうが楽にはみがきできるようになります。

力を入れすぎない

ても便利なワンタフトブラシですが、力の入れすぎには気をつけましょう。

普通の歯ブラシよりも先端に力がかるため、普段の磨き方だと強く磨きすぎてしまいがちです。

強くみがくと歯ぐきが傷つき歯ぐきが削れてします。

すると、知覚過敏の原因にもなります。

ワンタフトブラシを使うときは、いつもよりやさしくブラッシングしましょう。

軽く磨いても歯垢は落とせます。

ワンタフトブラシのまとめ

 

1本の歯ブラシでていねいに磨くより、ワンタフトブラシと両方を使い分けて歯みがきするほうが簡単です。

普通の歯ブラシを使う時間を少し減らして、ワンタフトブラシの時間をとるようにすると毎日の習慣にしやすいでしょう。

コメント